So-net無料ブログ作成

ときわ台とは

こんばんは、
燃えPaPaです。

これから様々な土地のラーメン店を紹介していくにあたりまして、
やはり居住地近辺に触れることは多いかと思いまして、
このほど、現在の住居のある、ときわ台駅てどんなものなのかを、
軽くご説明をば

��--

ときわ台駅 (ときわだいえき)は、東京都板橋区常盤台一丁目にある東武鉄道東上本線の駅。

旧・上板橋村の鎮守、天祖神社に伝わる祝詞から「武蔵常盤駅」と名付けられ、その後、常盤台住宅地が造成されたことで現駅名となった。

島式ホーム1面2線を有する地上駅。ホームと北口との間は地下道で、南口とは跨線橋で連絡している。北口駅舎は開業時のもので、瀟洒な洋風建築である。

ユニバーサルデザインの一環として、駅ホーム中央に多機能トイレと、南口コンコースに連絡するエレベーターが設置されている。

北口側には、1935年(昭和10年)に東武鉄道が沿線の開発事業の一環として宅地の分譲開発を初めて行った「常盤台住宅地」が広がっている。沿線開発の先輩格である田園調布を模して設計された中にも、田園調布とは異なる道路網やクルドサックやロードベイといった独特な町並みを持っており、当時の理想的な住宅地の開発を目指した。周辺道路との接続が悪く、加えて分譲直後に日中戦争・太平洋戦争といった混乱の時期を迎えたが、それでもなお昭和初期の面影を残す美しい住宅地といえる。

当初、常盤台住宅地の計画敷地は、東上線と伊勢崎線との接続(西板線計画)に伴う操車場用地確保のために、東武鉄道が1927年(昭和2年)頃に買収していた場所であった。しかし採算面の問題から接続案は見送られ、その代替案として住宅地建設が浮かび上がった経緯がある。

2000年代に入ると、マンション建設が活発になる一方で、開発業者と既存住人との間で対立するいわゆる「マンション紛争」が起こっている。

��--
参照:wikipedia


このような、住宅街のある街に現在は住んでおります。
今後は、そんなときわ台駅周りのラーメン情報などもまた載せていこうと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

画像



燃えPaPa


まずは住んでいるあたりから

こんばんは、
燃えPaPaです。

当ブログ作者の燃えPaPaは、
東京生まれで、ずっと東京育ちなため、
基本的には、育った土地周り、今の住まい周りの情報に詳しいため、
必然的にその辺のラーメン屋さんの紹介をしていくつもりです。

特に、山手線周りや、
現在の住まいが東上線沿いですので、
東武東上線周りなど中心に紹介していこうと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


燃えPaPa

家系ラーメン解説まとめ [ご当地ラーメン]

こんばんは、
燃えPaPaです。

前回、家系ラーメンについて解説しましたが、別途、

横浜発祥☆近年人気のラーメン系統の「家系ラーメン」とは

こちらのまとめでも、
有名店舗情報込みでご紹介しています。

よろしければご覧になってみてください。

302298.jpg


燃えPaPa

家系ラーメンとは [ラーメン]

こんばんは、
燃えPaPaです。

今回、
これまで紹介してきたような、醤油、塩、味噌、とんこつ、といった味の分類でなく、
ちょっと店の系統での分類なのですが、
その系列ののれんを掲げている店は、味の系統が一本立っているため、
ひとつラーメンの種類として紹介します。

それが

家系ラーメン

家系ラーメン(いえけいラーメン)とは、
1974年以降に登場した日本神奈川県横浜市磯子区・西区発祥の豚骨醤油ベースで太ストレート麺を特徴とするラーメン及びそのラーメン店群です。
ラーメン店「吉村家」を源流とし、お店の屋号に「家」とついているところが多かったところから、
家系と呼ばれることになりました。

現在ではラーメンの味、特徴は家系だが、屋号に「家」は使っていないお店も徐々に増えています。
店名の「家」は「や」と発音するが「家系」は「いえけい」と発音します。

正当な家系ラーメンとは、吉村家またはその系列の店で修行したことを絶対条件として、
味が似ていてもそれ以外は亜流とする意見もあるようです。

世間の感覚・評価では、以下特徴を持つラーメンを出す店はお客、ラーメンフリークからは、家系、と評価されるのが常です。

特徴・・・

麺 太いストレート麺が使われる。
スープ 大量の豚骨(特にゲンコツ、ロース骨)、鶏がら、野菜類、昆布を使った豚骨醤油がベースであり、茶色がかっていることが多い。
    一般的に味の濃さはきつめで、こってりしているが、調整可能。

チャーシュー、大型の海苔、ホウレン草が基本。刻んだ長ネギやニンニクがのる店もある。またチャーシューの煮汁で煮た味玉子などを追加トッピングとする店も多い。

鳥皮からとられた鶏脂(ちーゆ)が使われる。"家"と店名についていてもこの脂が使われていない場合があり(例:丸千代山岡家)この場合、家系とはされない場合がある。

以上が一般的な家系ラーメンの特徴で、
注文方法は独特で、
麺の固さ(固め・普通・やわらかめ)、
脂(多め・普通・少なめ)、
味(濃いめ・普通・薄め)
などを注文時に選ぶことができるのが一般的。

また、お代わり自由のライスも注文できる店が多いです。

近年この、家系の流れを汲むお店や、
純粋じゃないが、味として家系のラーメンを出す店など増えて、
すっかり各町に広まっている気がします。


燃えPaPa

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。